玉ねぎで熟睡できる?驚きの安眠効果

あなたは最近熟睡出来ていますか。現代人は何らかの睡眠障害を抱えている人が多く、ちゃんと寝ているつもりでも、実は熟睡出来ていない可能性があります。単純に睡眠時間が足りていない人もいるでしょうし、なんとなく寝足りないと感じている人もいます。しかしながらまさか自分が不眠症であったり、何らかの睡眠障害を抱えているという自覚症状が無い人が実に多いのです。人によって必要な睡眠時間は異なりますから、一概に何時間以上寝た方が良いとはいえません。かのナポレオンは睡眠時間が3時間だったといいますし、一方でアインシュタインは9時間も寝ていたようです。ただ睡眠時間は短すぎても長すぎてもダメなようです。ただいずれにせよ睡眠の質は高めた方が良いので、もしあなたが最近熟睡出来ていないと感じているなら、枕元に玉ねぎを置く「玉ねぎ安眠法」がおすすめです。玉ねぎの香りを嗅ぐことで、すやすやと安眠を誘ってくれるようです。しかし玉ねぎの香りは決して良い匂いとは言い難いものですが、本当に効果があるのでしょうか。この玉ねぎの匂いの正体は硫化アリルという成分が揮発することで発生したものです。実はこの玉ねぎの香りはストレスを緩和し、気持ちを落ち着かせてくれるので、熟睡できるようです。硫化アリルは長ネギやにんにく、にらなどにも含まれていますが、ちょっと匂いがきついので玉ねぎが一番最適かもしれませんね。硫化アリルには咳を鎮める作用もありますから、風邪を引いているときや、喘息が心配な方にもこの「玉ねぎ安眠法」を試して欲しいのです。玉ねぎですっきり快眠できたら、体の調子も良くなると思いますよ。